症例紹介

上顎のインプラントオーバーデンチャー(IOD)


  • Before

  • After

治療詳細 上顎の義歯が合わないとのことで、インプラントオーバーデンチャーを試行いたしました。
通院時の年齢 72歳
性別 男性
通院回数 約半年
通院目的 外れにくく噛める義歯を作りたい
処置内容 上顎インプラントオーバーデンチャー作製(インプラント4本埋入)
費用 約100万円
デメリット 費用と時間がかかる。固定性のインプラントよりは咬合力が劣る

治療詳細

  • 術前の口腔内の状態

  • インプラントを埋入した状態

  • 義歯装着時

治療のポイント

数本抜歯が必要になり、保険の義歯を使用したが、あまり合わなかったため、インプラントを利用したオーバーデンチャーを作製することとなりました。 インプラントオーバーデンチャーのいいところは、大幅な骨造成が必要なく、骨のあるところにインプラントを埋入することができる点です。また、クラスプ(金属のバネ)をかける必要がないため、残存歯への負担を減らし、歯の寿命を延ばすことができます。 もし万一、残存歯の抜歯が必要となっても、義歯に歯を付け足せばいいので、修理が簡単になります。

ページトップへ戻る