滅菌対策

あらゆる感染から患者様を守るために


当院では、院内感染対策としてアメリカの疾病管理予防センターが提唱する「スタンダード・プリコーション」を実施しています。これは、感染症の有無に関わらず、全ての患者様を対象に血液や、汗を除く体液、粘膜などを「感染の可能性のある物質」として対応する予防策のことです。使用している機器や道具を、常に非常に高いレベルで洗浄・滅菌し、院内を清掃することで、新型コロナウィルスを含むあらゆる院内感染から患者様を守っています。

新型コロナウイルス感染拡大防止のためのお願い

以下の項目に当てはまる患者様は来院前に一度ご連絡ください。

  • 「37.5℃ 以上の発熱」や「咳」のある方
  • 現在、同居人に発熱・咳などの症状がある方
  • 現在、同居人が自宅隔離を要請されている方
  • 過去14日以内に、海外渡航の履歴がある方
  • 過去14日以内に、海外から帰国した人との濃厚接触歴がある方
  • 過去14日以内に、感染者数が急増している都道府県に出かけた方
  • 過去14日以内に、屋内で50人以上が集まる集会・イベントに参加した方

当院では普段より、器具の滅菌や使用チェアーのアルコールおよび次亜塩素酸
水での拭きあげを徹底しておりますが、今後宮崎市内での市中感染が広がった
場合、必要な治療以外の診療は延期させていだだく場合があります。

衛生管理について基本的な取り組み


スタッフと患者様へ消毒と
マスクの徹底

高レベルの滅菌機器を設置

清浄エリア・不浄エリアを区別

口腔外バキュームを設置

定期的な院内の空気の入れ替え

次亜塩素酸水生成機を設置

滅菌・衛生対策への当院の設備


オートクレーブ

滅菌は、あらゆる微生物を完全に殺滅・除去することを言います。当医院では滅菌器(オートクレーブ)を導入しており、高温・高圧の蒸気によって治療器具を滅菌し、治療の際に器具の使い回しをせずに治療にあたります。治療に使用する器具の衛生管理を徹底し、患者様へ治療の提供を行っております。

口腔外バキューム

歯科の治療の際に出る粉塵。クリーニングや歯を削ったりする際に、目には見えないくらいに小さいものがたくさん飛び散ります。これはエアロゾルと呼ばれ、空気中に浮遊し、院内感染の原因の一つとなります。口腔外バキュームでは、従来の口腔内バキュームでは吸い取りきれなかったエアロゾルを吸い取り、院内を清潔に保っています。

超音波洗浄機

治療器具の細かな隙間に入り込んでいる汚れや目視ではわからないような小さなタンパク質など、手洗いでは洗浄しづらいこれらのものも、超音波を使った洗浄機にて洗い、清潔にしています。全体に安定して超音波が届くため、洗浄にムラが出にくいのが特徴です。

次亜塩素酸水生成器

食塩などの水溶液を電気分解して生成し、「除菌・洗浄」に使用する中性電解水を次亜塩素酸水と呼びます。これは強い除菌・洗浄効果がありますが、人の皮膚などの有機物にふれるとただの水と僅かな塩に分解されるため、誤飲したり目や喉、鼻などの粘膜に触れてもほとんど問題なく、安全性の高さが特徴です。当医院では次亜塩素酸水を院内にて生成し、院内全体に噴霧し感染対策に努めています。

ページトップへ戻る