新着情報

人はお互い様

  • 副院長のブログ

うちの歯科に熱心に通ってくださる方を、おにむらファミリーと、バー様は心密かに呼んでいます。

たくさん歯科があるのに、来てくださってありがとう。

中にはバー様を嫌いな方もいらして、そんな方には近づかないからご心配いりません(笑)

 

先日、うちの新人の衛生士さんが、担当した患者さんが、

「痛かった!」と、立腹されてもう来ない!と言われたそうです。

痛かったんですね!?ごめんなさい。もっと技術の研鑽に励みますね。

 

歯科は誰が担当しても、ケースによって痛むことのある、シビアな職業です。

でも、痛くない歯科 でありたいと皆心から思っています。

 

それに比べて、

例えば、私が行く美容室。

いつも白髪でザンバラガミのバー様を、一生懸命に手当てしてくださって、

 シャンプーしてもらったり白髪染めなどしてもらうと、いい気持ちでうとうとしてしまう。

ああ、いい気持ち~!目が覚めて鏡を見たら、そこには見たこともないお姫様が・・・(ってそれは嘘だ!あんまりだ!)笑

歯科だとそうはいかんだろうな・・・

 

誰もが患者さんに痛みがなるべく少ないように、色々工夫して一生懸命にやっています。

でも、そうしてあげたいけどできないこともある。その時はごめんなさい。許してください。

 

今バー様がこうして歯科医をしているのは、まだ新人で下手くそだった頃、

治療させてもらった患者さんのおかげです。

誰でもすぐにはある程度の域にはいけません。(バー様は今でもまだまだですけどね)

「誰でも最初は一年生」(童謡にありますね!)

この童謡の歌詞のつづきは「ドキドキするけど、ど~んといけ~!」です(笑)

 

みんなお互い様。

許し許され合ってお互いに成長していく。

 

と、この話を聞いた、私の行きつけの美容室の先生が

「自分が練習台になってあげるよ。今度○日にいくから、その新人さんを僕につけて!いくら時間がかかってもいいし、なにをされてもいいよ!」って、山口百恵の、「青い果実」みたい。

ありがとう、先生。

その優しさ、とってもうれしい!!

新人衛生士さんもどれだけ元気が出ることか!!

 

バー様も、何かの機会にそういう場面に出くわしたら、実験台になってあげよう!人はお互い様。

自分も育てられてきた。今度は若い人を育てる側の人間になりたい。

 

そう思ったのでした。

「カットのしばた」の先生。本当にありがとう!

 

 

ページトップへ戻る