新着情報

元気がなくなる話?

  • 副院長のブログ

昨日書いた、その不評!?だった話というのは・・・

 

ずっと体調が悪くてやっと元気になった話。

病院に通い、言われたとおりに薬を飲んでいたけど一向に良くならず、落ち込んだ。

転院して、薬が変わり劇的に元気になったこと。

 

私の父は71歳で亡くなった。

父は、私の歳(66歳)の時点で、あと5回しか桜を見られないなんて思っただろうか?

人生はいつまで生きられるかわからない。

だから、毎日を大切にしていきたい。

 

長男が帰ってきて、ありがたいと思っていること。

反面、新しく入った医療機器になかなか慣れず、やる気がないと叱られたこと。(面白いと思ったんだけど)

 

おもしろおかしく・・・とは言えないけれど、実際に思っていることを話したのでした。

でも、みんなシーンとしてしまい・・・あれ~~~~~~~、やっちまった・・・と思いました。

 

他の方は

今、70歳だけど、あと10年は飛び回れる。市民運動や、いろんな遊びや、積極的にやっていこうと思う。

とか、

弥次喜多の超お得な、とんでも旅行の話。面白かった同窓会の話。

ご主人の台湾転勤で、魅了されて10回以上訪れた話。

趣味の句会の話。・・・

等々、元気で前向きな話。

 

そうよね。TPOを考えないとね。

いつもは、ドジな私なので、面白おかしい話がいっくらでもあってそれを披露していた。

今年はそうじゃなかった。

 

面白いこと。楽しいこと。いつも沢山ストックしておこう。

 

私が話したこと。決して後ろ向きの話ではなかったけれど、周りの人が元気がなくなるようじゃあダメ!!

面と向かってゆっくり話せるようなときに、しみじみと話そう。

パンツ買いで失敗し、ちょっと落ち込んだのを引きずったかも。(笑)

でも、本当に思っていることを話したんだもの。

それはそれでいいんじゃない?

引きずらない。

今度はちょっとTPOを考えるわね。

これでいいのだ。気にしない気にしない。

 

 

ページトップへ戻る