新着情報

怖~いお話

  • 副院長のブログ

昔々。

夜遅くなっても眠らない子供がいました。

おじいちゃんやおばあちゃんが

「もう夜遅いから、寝なさい!」といくら言っても

「いやっ!!!!遊ぶっ!!!」といって、眠りません。

仕方ないので、おじちゃんやおばあちゃんは眠ってしまいました。

子供は一人で遊んでいました。

すると、突然、明かりが消えてしまいました。

「眠っていない子はいないかぁ~、お目目をつぶっていない子はいないか~、食べちゃうぞ~」

と、怖い声が聞こえました。

眼玉ぎょろぎょろお化けです。

お化けは・・・

 

と、ここで突然、孫が、うわ~~~~~~~ん!!!と、泣き出しました。

11時過ぎになって、やっと布団に入った孫に、疲れ切ったバー様がお話をして聞かせていたのです。

泣いてしがみつく孫に、

「これはお話よ!大丈夫!」と言ったって3歳前の子。わからないわね~。

「大丈夫!!!おじいちゃんとおばあちゃんはとっても強くて、眼玉ぎょろぎょろお化けなんて、すぐやっつけられるんだ!

えいえい!ってね。お化けは『ごめんなさい、ごめんなさい』といって、逃げていきましたとさ。

布団にもぐりこんで、泣きながらバー様にしがみつく孫(汗)

 

参りました。それよりこんな小さな子供を脅して、困ったバー様ですね。

ママが入院中で、しわしわのバー様と寝るしかなく、幼心にいろんなストレスを抱えていることだろう。

眠りたくないのもわかる。

ごめんね。孫ちゃん。

 

でもね、今日はママが退院してくるんだ!

今日からは、ぴちぴちの大好きなママと眠れるからね!

 

ということで、今日からは生まれたばかりの赤ちゃんが増えることになります。

ますますバー様は忙しくなるのだろうか?

うれしさと、ちょっぴり不安と。

 

新しいステージでのバー様修業は続くのでした。

 

 

ページトップへ戻る