新着情報

もう、孫の思い出?

  • 副院長のブログ

お風呂に入るとおもちゃがいっぱい。

毎日、孫と長いこと、おふろで遊んだものだ。

身体や髪を洗うまで、遊んで付き合うわけです。

もう過去形。

いろいろなことが思い出されます。

 

寝る前は、PCで、まんが日本昔話を一話だけ見せる。

パパが周りをうろうろしているから、あんまり見せたくないんだな・・・

と思いつつ、ババの独断で見せる。

で、バー様はやまんばものが大好きなので、やまんばの話を見せると

最初は怖がっていたけれど、面白がって何度もせがむようになりました。

やまんばが一人で子供を産んで困っているところに、おばあさんが手伝いに行く・・・と言う話がありました。

その話が終わると、孫はこう言いました。

「あのやまんばには本当はお母さんがいるんだよ。そのお母さんはきれいな人なんだ。お母さんは・・・」

と、自分で話を作るではありませんか。

へ~、やまんばにきれいなお母さんがいるとは知らなかった(笑)

 

甘いもの、両親は食べさせたくないけど、全く与えないってのも情操教育上、いかがなものか?

で、ババはこっそりちょっと食べさせる。

と、孫は、わざわざママの所に行って、

「これ、おばあちゃんが食べていいって!、今日は食べていいんだよ!」

と、報告に行くわけです。

「んもう!」と、娘ににらまれて、ババは苦笑いです。

 

亡き母からもらったお屠蘇セットの台座を・・・ゴルフボールを当てて壊してしまいました。

(どうしたら壊せるのか知りたいでしょうが、聞かないでください。)

孫に、「おばあちゃんが壊してしまったんだ!」というと、

「大丈夫、大丈夫、テープで貼ればすぐなおるよ!」

と、言ってくれるではありませんか!

この前まで赤ちゃんだったのに、慰めてくれるなんて・・・

 

そうかと思うと、もう赤ちゃん返りして、泣きわめいたり。

 

保育園には

「おばあちゃんがおんぶして!」と、きしむ身体で、おんぶで保育園まで連れていきました。米俵のように重く大変でした~!

 

このババは孫相手に、

「○○ちゃん、おばあちゃんの言うこと聞かなかったら、お相撲さんにしちゃうからね!!」

と、脅したり、

孫相手に真剣にけんかしたり。

 

また、歯科にすごく興味を持って、毎日見学?に来ていました。朝礼にも両手をそろえて参加していました。

で、夜の歯磨きの時には、まずは、自分が歯医者さんになって、ババが患者さん。

マッサージ器を診療台に見立てて、背もたれを自動で倒します。

そして、エプロン(タオル)を掛けて歯の治療(歯磨き)が始まるのです。

「はい、開けてください。痛くないですか?」と、孫がいうのです。

治療?が終わると、背もたれを起こして、「お疲れ様。また来てください。」

ははは・・・

 

大変だった2ヶ月半。でも楽しい日々でした。

 

もう帰ってしまいましたが、執着を捨ててさっと手放す。

やるだけやったのでスッキリ!

孫も、小さいので、大きくなってから、この日々のこと、ましてやこのババのことは覚えていないでしょう。

 

祖母の存在なんてそんなもの。

しかし、地味なこの人生に、とても楽しい思い出が残りました。

満足しています。

 

 

 

 

 

 

ページトップへ戻る