新着情報

母の黒留め

  • 副院長のブログ

仲のいい義妹が、尋ねてきました。

甥っ子の結婚式の衣装の相談です。

今回は

亡き母の黒留めを、新郎の母である義妹が着ることになりました。

たとう紙を開くと、懐かしい平安絵巻の柄が。

黒くて長い髪の豪華絢爛な女房装束をまとった女性の後ろ姿。

結構珍しい模様で、おしゃれな母が着ると素敵だったな。

私と弟の結婚式で母が着ていたのを思い出します。

母が亡くなって、

我が家の3人子供達の結婚式で私がまとい、

甥っ子の結婚式で義妹が着て・・・

母がかわいがっていた孫達の結婚式には、母は出席はかなわなかった。

でも、

母の姿はないけれど、この着物には母の思いが宿っているような気がします。

「一緒に祝おうね!」

人が亡くなって、形はないけれど、その思い、想念は残る・・・黒留めを見ながらそう思いました。

 

そうですね、考えてみれば、

私が孫達が成人するのを見ることは、無理だろう。20年後だもの。ましてや結婚式なんてありえない!(笑)

でも、この世を旅立ってからも、孫達が幸せに生きていくことを、ずっと願って見守っていくと思う。

今だって、うちの亡き母も、毎日へなへなしている私を心配してみているかも。

きっと、「元気出しなさい!しっかりせんか!」って、見守ってくれていると思う。

私のお母さん。

生きてるとき、私、色々反抗して悲しい目にも遭わせて、ごめんなさい。

この歳になって、改めて、亡き母の哀しさ、そして深い愛を感じます。(遅いっつうの!)

何事も順番。

子から親となり祖母となり・・・

それそれの思いや、愛情が次から次へと受け継がれ・・・命は綿々と続いているのね。

 

な~んて、ちょっと亡き母を偲んでいる、今日この頃なのでした。

 

 

ページトップへ戻る