新着情報

小さな出来事

  • 副院長のブログ

ここ12年くらい?

超美人のお友達とイオンで週一、ウオーキングをしています。(以前は週2)

足より口の運動のほうが忙しい。

で、昨日。

いつものように、ペチャクチャおしゃべりしながら歩いていると、向こうから小学生4~5年生の男の子が一人で歩いてくる。

キョロキョロして、その眼は今にも涙がこぼれそう!?

きっと迷子よ!

通り過ぎて、超美人にそういうと、

「あら?気が付かなかった。でも、もう大きいから大丈夫じゃない?」

そうかな?

と、またおしゃべりしながら歩き始めました。

ペチャクチャペチャクチャ・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・

半周回ったところで、

あら?

またあの子。

まだ見つからないのね?

もうほおってはおけない!!

「ねえ、お母さんを探してるの?」

涙目になりながら頷く小学生。

「大丈夫!おばちゃんが一緒に探してあげる。そして、インフォーメーションがあるから、

そこに行って、お母さんを呼び出してもらおう!おばちゃんは、怪しい人じゃないから、大丈夫だからね!!」

ほら、今、世間には、怪しい人がたくさんいて、

子供たちは知らない人とは話さないように・・・と、指導されている学校もあると聞いた。

私ら、怪しく見えたりして(汗)

それから3人でインフォメーションに向かって歩き始めました。

小学生を励ましながらしばらく歩いていると、

小学生が、小さな声で

「いた!」

というではありませんか!!

あちらから、お母さん?らしき人と、おばあちゃん?が駆け寄ってきます。

「どこに行ってたのっ!!」

小学生は、もうウルウルです。

「よかったよかった!」

私らはそこでお別れ。

お母さんとおばあちゃんが「ありがとうございました!」

と挨拶してくれました。

いえいえ、何もしてません。

・・・・・・・・・・・・・・・・

迷子になって不安で胸いっぱいの小学生。

心細かっただろうな、悲しかっただろうな・・・

でも、お母さんが見つかってホント、よかったよ!!

かわいかったな~。

なんでもない、小さな出来事。

だけど、心の奥で、あったか~いものを感じました~。

よかったよかった!

 

 

おにむら歯科公式ホームページ

ページトップへ戻る