新着情報

「おかあさんとあたし。①&②」

  • 副院長のブログ

最近「おかあさんとあたし」という本を読んでいます。

お母さんと幼い子供の、何気ない日常生活の会話やひとこまを、

単純な線で、優しいタッチのイラストにして描いてあります。

 

誰にでもある、どの親子にもあるひとこま。

 

ああ、こんなことがあったな~と、思わず笑みがこぼれたり、

そうだったそうだった・・・と、懐かしさにちょっぴり涙したり・・・

 

ああ、このひとこま、ひとこま、なんていとおしい!そして素晴らしい!!

何気ない親子の日常の時間・・・それは、ほんとうは黄金の時間だったのね。

今となってはこの時間は戻っては来ない。

そのときはわからなかったな。気づかなかったな。

 

子育て中。

夢中で、必死で・・・周りが見えなかった。

四六時中子供のいる生活。時にはいやになることも多々あった、

夜中におっぱいをあげるとき、眠たくて眠たくて・・・いつになったらゆっくり眠れるんだろうと、悲しくなったこと。

赤ん坊が大泣きして、理由がわからず、自分まで泣きそうになったこと。

ちょっとゆっくりしようとすると、まとわりついて、座らせてくれなかったり。

大好きな本を読む時間が無い。

子供が、私の大切なものを壊した、なくした・・・

だだをこねる子供に、親のほうが大人げも無く頭にきてしまったこと。

今でも苦労したことはよく覚えている。

心の余裕がなかったのね。

 

でも、たくさんの幸せを運んできてくれたよね。

それを、この本は、一つ一つ、思い出させてくれる。

その一つ一つが宝物だったのね!?

とっくに忘れていた宝物。

あんなこと、こんなこと、ザクザクと出てくる。

 

読み終わった後、心の奥に暖か~いものが生まれる。

優しい気持ちになる。

 

今となってわかる真実(笑)

今子育て中のお母さん。

大変でしょうが今あなたは黄金の日々を過ごしているんですよ。

今はわからないけど、それがわかる日がきっと来ます。

どうせならその宝物を楽しんでください!

 

年を重ねるっていろんな真実がすこ~しずつわかってくるってことでもある。

だから年をとるのも素敵なことだと思う、今日この頃なのでした。

 

 

おにむら歯科公式ホームページ

 

ページトップへ戻る