新着情報

当たり前は当たり前じゃない

  • 副院長のブログ

起こることすべて、意味があると言われます。

体調が悪かったとき。

なぜ、長きにわたって(と自分では思った)治らないんだろう。良くならないんだろう?

だんだん悪くなってない?

病院にも通っているし、言われたとおり、薬も飲んでいるのに・・・と、

自問自答してきました。

ネットで、

「ぜんそくになる人は笑顔が少ない」

「副鼻腔炎になる人は根性が悪い」

と言うのをみつけたとき、

ガクッ!と落ち込みました。

なんの根拠もない文章ですが、体が弱っているときはそんな物にもショックを受けるわけです。

で、元気を取り戻した今。

元気で生活できることのありがたさを心から感謝しています。

多少、仕事がきつくても、元気で働ける喜び を思い、

元気出して頑張ろう!と、思えるのです。

普通に、当たり前に元気だった頃は、「もう、忙しすぎるんだから」とか、「なんでこんなに働かんといかんの?」とか、ブツブツ文句を言ってたのに。

で、このきつかった時間は、

元気で毎日を過ごせるありがたさ。元気で働ける喜び。

それを、頭や口だけでなく、心から実感するためのものだったんだと思うのです。

良いことや、自然の摂理を、知ったかぶりして話すことが多かった。(笑)

それを、芯からホンから実感する、腑に落とす。

それはちょっとやそっとではできない。

そのための長患い?(笑)だったのかもです。

調子の悪いとき、このトンネルを抜けることができたとき、なにか大きなことを得られるような予感がありました。

それが、この、「当たり前は当たり前じゃない。当たり前はありがたい」です。

簡単な言葉だけど、大きな意味を持っている。

そう思う今日この頃です。

ページトップへ戻る