新着情報

博識のみみずくおじいさん

  • 副院長のブログ

昔々。

およそ37年前、バー様が若くかわいい大学の新入生だったころ。(笑)

同級生もいろいろで、あちこち巡り巡ってきた人もいた。

その中であるおじさん(当時自分にはそう見えた)が、お上りさんで何にも知らないバー様に、何かの折にこう言った。

「物事の成り行きはね。最悪のことを考えるんだよ。一番悪いことを考えていたら、何が起こっても、大丈夫。そうなるか、それよりいいわけだからね。」

「博識のみみずくおじいさん」のように、何でも知ってる、おじさんの同級生!

そのひげ面のおじさんが、後ろの席にいた私に話しかけたこと。白いシャツを着ていたこと、顔、声、・・・

鮮明に記憶に残っています。

ほう、そうなんだ・・・そう考えればいいのか・・・心に残りました。

あれから何十年。

時々思い出していました。

昨日も、ふと思い出したのです。

あのおじさん(おじさんといっても当時30歳前)の言っていたこと。

あれって本当だろうか?

いつも最低最悪のことを予想する生き方って・・・面白くない、楽しくないんじゃないか?

結構マイナス思考のバー様。

ありもしない未来の心配をするのは疲れたな。

何が起こっても最後は最悪のことを思うなんて・・・

例えば、南海トラフで、大惨事が起きる。・・・

と、そう思って憂う。

余りにすぎると、毎日不安の中で生活することとなる。

実際、知り合いの人で、それをあまりに心配してうつ病になって入院した人がいる。

これってどうだろうか?

本当に起こるかもしれないし、備えあれば憂いなし、だけど、

来るべき時が来たら来る。

と、割り切って、振り回されないほうがずっと楽じゃないか?

マスコミも、注意喚起を提起するのはいいけど、

あまりに不安を煽り立てるのはどんなものなんだろうか?

いつ来るともしれぬ未来のこと。

その時はその時!!

備えはして、あとは心の片隅に置いておこう。

個々人の恐怖や不安があまりにすぎると・・・大きな想念となって事態をよからぬ方へ動かすこともあるかも。(ああ、これこそマイナス思考かな?)

人の数だけ正義はある!

でしたね。

あの言葉はおじさんの正義。

バー様にはバー様の正義がある。

ということで、バー様は、

今日も楽しいこと、面白いことを、たくさん思って、過ごすことにしますね。

 

 

 

 

 

ページトップへ戻る