新着情報

経験は力

  • 副院長のブログ

40代の女性の患者さん。

一人娘が、県外の大学に行くので、送り出してきた・・・という人がいました。

「今、することがないんですよ。これからどうしたらいいか・・・」

と言われます。

「そうなんですよ。私も経験しました。」

 

娘を送り出すまで

食事や洗濯や、お弁当作り、塾の送り迎え、時には一緒にショッピングに行ったり、母子で話したり。

大学入学が決まってからは新しいお部屋を借りて、引越ししたり、手続きしたり・・・喜びも悲しみも一緒。

自分の生活全ては子供中心。

って、バー様の経験です。笑

それが、その娘がいなくなると・・・

とたんに自分の役割が見いだせなくなる。存在意義がなくなる。

娘さんの立場からしたら、

最初こそ少し寂しいが、今までの親の縛りから解き放たれて、自由を満喫し、新しい自立した自分を見つけていく。

これって楽しいですよね。大空に羽ばたく感じ!?

親は寂しくても娘の人生の門出を祝福してあげないとね。

親と子の共依存の関係をやめて、親こそ、自分を見つめ直して、自分の人生をしっかり歩んでいかなくては。

親子の間に新しい境界線がうまれる。子供は子供、親は親。

今まで一つの道を一緒に歩んできたけれど、これからはそれぞれの道。(キャンディーズの微笑み返しですね)

今がその分岐点!

分かれには痛みがつきものだけど、その先にはそれぞれの役目があり希望がある。

 

バー様は心に区切りをつけるために、まず、子供部屋を何か物につかれたように、必死で片付けたな。

いろんな物を捨てて、子供部屋を空っぽにして・・・

その空洞の空間を見て・・・ああ、もう子供はここにはいないんだ!と、自分を納得させました。(視覚に訴えることは効果大)

バー様には幸いにして仕事があった。

多少寂しくても、仕事すると忘れることができる。

それにジー様がいる。

ほんと、こんな時、伴侶と言う物は役に立つ。日頃はうっとおしく思っていても。笑

 

「それにね、」と、さっきの患者さんとの話が続きます。

バー様は言います。

「彼氏でもできてごらんよ。ますます母親から離れていくよ。覚悟しておいてね!」

 

どんどん加速するように母親のバー様から離れていく娘。

東京に、就職が決まった娘に会いに行った時。(大学卒業後、地元に帰ってくるかもと、密かに期待していた親の思いに反して)

「ああ、娘はもう決してうちには帰ってこないんだ!」と、

帰りの、羽田行きリムジンバスの中でとめどもなく涙が出ました。

・・・・・・・・・・・・・・

でも、この涙を流すことは心理学的にもとても有効です。

流されない涙は後々問題を大きくして出てくる。と言われます。

心に整理をつけて・・・

 

三人の子供達を結婚させ、

 

そして、親たちをみ送り・・・

 

今度は息子が継承のために、宮崎に帰ってきた。(家は別です)

それはそれで、とてもうれしくありがたいことだけど、継承の寂しさや、種々の問題も出てくる。

 

ずっと、自分の行くべき道は、この道なのかと、これでいいのかと自問自答しながら、今があります。

 

人生って、ずっと修行。自分のことだけど、

母親として、嫁として、娘として、姑として、継承のこと、等・・・

その時その時、問題が出てくる。エンドレス。これで終わりって事は無い。

人から聞いてはいたが、実際に経験してみないと、ホント、わからない。経験してみて初めてわかる。

経験は力!!!!こんな強い武器はない。

 

だからね、お年寄りは、その存在だけですごいんですよ!

自分たちが経験していないことを実際に経験された。それだけで尊敬に値する。

 

で、皆さんもこの前期高齢者のバー様に・・・優しくしてね!へへへ・・・

 

 

ページトップへ戻る