新着情報

滂沱の涙

  • 副院長のブログ

県外の結構な田舎に次男のお嫁さんの実家があります。

そこにお嫁さんは出産里帰りしています。

無事赤ちゃんも生まれて一ヶ月経ち、昨日はお宮参りをしたそう。

お嫁さんは、その写真をスマホに送ってくれました。

そこには、優しい実家のご両親と、幸せそうな若い次男夫婦と、赤ちゃんがうつっていました。

赤ちゃんは、次男が七五三の時に着た着物を羽織っています。

まあ、なんてかわいい!

同じ着物を着ていた次男の七五三の姿と重なります。

じ~っと見ていました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

な、なんか涙がでてくるな~・・・

と、それは いつの間にか、滂沱の涙となり、嗚咽まで出てきて・・・号泣!

もちろん、よかった!!という

うれしい涙です。

でも、自分でもどうしてこんなに涙が出てくるのかわかりません。

そうね・・・

次男とはここまで来るのに色々ありました。

意見が合わず、長い冷戦状態が続きました。

私は鬱一歩手前(と、自分では思う)までになりました。

眠れぬ苦しい日々も多々ありました。

次男だって苦しかったと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そんな日々があって今がある。今の幸せがある。

それを写真でしっかりと確信し、

それとともに、

ず~っと心の奥に封印していた、大量の悲しみや苦しみが一度にあふれ出してきて、

涙となって流れていったんだと思う。

主人が笑うほど、したたか泣いて、すっきり!!!笑

(オーラソーマでも、「流されない涙の井戸」と言う言葉が出てきます。それを解き放つことで心のしこりがとれてエネルギーが流れ始める・・・といわれます。)

さあ涙を拭いて、行動開始!

前に進もう。

私のこの世での最低限の使命は一応クリアしたと思う。

後は、人生の仕上げをしていこう。

自分の存在が、周りの人たちを、ささやかでも、ほんの少しでも・・・幸せにできたらと、思う。

 

岡江久美子さんみたいな元気で前向きに人だって、突然この世を去った。

病院の朝礼のとき、

「私は岡江さんより年上。だから、いつ亡くなるともしれないから、スタッフの皆さんは、私に優しくしておかないと、後悔することになるよ!」

と、皆を脅し(笑)、また、

「自分も、今日が最後と思って一期一会。今ここを大切にしていきます。」

と、宣言したのでした。

 

 

 

 

 

 

ページトップへ戻る