新着情報

心の器

  • 副院長のブログ

例えば、人から何かいやなことを言われたとき、

バー様は、すぐカッとなって、怒るけど、(人に面と向かっては言いませんよ!)

同じ事を言われても、ジー様は、ははは・・・と笑って流せる。

この違いは何?

 

心理学で学びました。

人は、不安、つらい、苦しい、痛い、いやだ、疲れた、寂しい、むなしい、悲しい、等の感情を持つとき、

自分が傷ついているという事実を、無意識に認めたくないので、怒りや、うらみ、ねたみ、憎しみという表現をする。

しかし、その選択をするのは自分自身。

 

だから、怒りっぽいバー様は、内心とても傷ついて、それを認めたくないがために「怒り」という表現を選択しているんだろう。

見た目と違ってとても傷つきやすい脆弱なのね。

で、「あの人は、いつも私を怒らせる。」

と、言うのは間違い。

あの人の言った言葉で、私は怒ると言う感情を選択した。

と、いうのが正解。

人のせいではなく、自分の問題なんだよね。

 

だから、怒るような事が起きたとき、

いったんは怒り狂うけど(笑)

そのあと、自分を省みて、

「ちょっと待て!これはあの人の問題じゃなくて、自分の問題じゃないか?」

と、考えることが(少しは)できるようになってきた。ような気がする。

といっても、怒りはなかなか収まらないけど。笑

怒ったって、自分が傷つき、周りが傷つくだけだもの。時にはものが壊れたりして(笑)

流す流す・・・・・・

 

だから、「いつも機嫌良く!」ということは、言葉はとても簡単そうだけど、なかなかできるものじゃないと実感しています。

すごく難易度の高い人生修行。

時々、自分に問う。

「いつも機嫌良くしてる?」

いや~、反省反省。

 

その点、ジー様は、懐が深い、人間が大きい。

人を許す力がある。というか、流せる。というより、初めから人の言うことを聞いていない!?(笑)

それでも、長年、一緒に生活してきて、立派だな~と、思います。

 

きっと心の器が大きいのだろうな。

 

バー様も、遅々たる歩みでも、少しずつ・・・心の器を大きくしていきたい!と思うのでありました。

 

 

 

 

 

ページトップへ戻る