新着情報

最後の煩悩

  • 副院長のブログ

娘のところ話です。

コロナ騒ぎで、3歳の孫は保育園がお休み。

それに、生後5ヶ月の赤ん坊を、長いこと、ワンオペ(一人で育児)しています。

ご主人はこのコロナ禍で、ますます忙しいんだそうです。

で、娘が言います。

「もう育児に煮詰まっているから、実家のおもちゃを送って。」

孫様は、我が家に来たときに遊ぶためのおもちゃ(バー様が孫達のために用意した)を所望されているとのこと。

はいはい。送りましょう。

あんぱんまんのブブロックや、クレープ屋さんのセットを送りました。

さっそく、孫がそのおもちゃで遊んでいる画像を送ってきました。

よかった!

でもね、我が家のおもちゃがなくなったわけだから、今度はコロナ騒ぎが終わったときのために、また新しいのを何か用意しておかなくちゃ。

孫達に長いこと会っていない。と言うか、今年生まれた孫にさえ会ってない。

携帯に送ってくる孫達の画像。

どんどん大きくなっていくのをうれしく、また、ちょっと寂しく見ています。

元気が一番。

遠く離れていても健康ですくすく育っていればそれでいい!

いつか、コロナ騒ぎが落ち着いたら、会えるんだもの。

この世を卒業するときは、孫達にも、もう、永遠に会えない。

それに比べたら、しばらくの辛抱なんて、なんていうことはないわ!

世の中の人、みんなこのコロナ禍で、頑張っているんだから。辛抱辛抱。

 

最後の最後の手放せない煩悩は、やはり愛する人たちと別れることなんだろうな・・・と、ぼんやりと考える。

すこ~しずつ、煩悩を煩悩として認識し、いつかは手放さざるを得ない時が来るのを覚悟しよう。

そういう心の準備をしていこう。

実際は、まだまだ、あれがほしいこれが食べたい・・・

いいのよ、物欲もないと、生活に彩りがなくなるもの。

まだまだこの世に執着しているということでしょう。

と、ぐだぐだといらんことを考える今日この頃でした。

 

 

ページトップへ戻る