新着情報

プロってすごい

  • 副院長のブログ

コロナ禍が、少しずつ収まってきつつある。

でも、今はまだ孫にも会えないし、色々制限があると考えると、落ち込んでしまうので、そんなときはゴルフラウンド!

 

いらんことを考えずに、身体を動かして、遠足と芋掘り!(クラブを振り回すその姿はまるで土を耕すごとし)ができる。

一挙両得!

終わると一目散に家に帰り、倒れて爆睡。

気に入っています。

 

ところで、きのうはいつも一緒に廻る知人が、プロにラウンドレッスンを頼んでいて、私ら老夫婦は一緒に廻ることになりました。

いえ、レッスンはその知人だけ。ジジババは一緒に廻るだけですよ。

それにしても

プロと廻る。初めての体験。

プロは若くて気立てのいい、よか青年。ホント、素敵!!感じいい~!!!

そんなに大きくなく、どちらかと言うと小柄。

それでも

プロのドライバーの第一球は、バー様にはどこに飛んでいるのか見えない。

何回目かに初めてボールの行方を捉えることができた・・・というくらいすごい!!

ある、パー5のホール。

第1打。カ~ンと空高く舞い上がり・・・どこまでも突き進む。

ヒエ~ッ!!もうすぐグリーンじゃん。

第2打、グリーンのホールの近くにころがり、第3打。ホールに吸い込まれる。

ギョエ~~~~~っ!!もしかして、イ、イーグル!?

実際に、初めて見たよ!!

プロはどの一打も、ミスがない!

パットは確実、安心して見ていられる。

さすがプロ!

プロを目指している人が山のようにいるのに、一握りの人しかプロになれない。

「ものすごい競争率を勝ち抜いてこられたんですね?」

でも、プロが言っていました。

「プロになるのも大変だけど、プロになってからがもっと大変なんですよ。」

そうなのか・・・そうなんだろうな・・・

 

そういうバー様はいつものように一人別世界(笑)。絶不調。だいたい、ダブルスコア。

パターはホールの周りを行ったり来たり。あみんの世界。(「待つわ」の中の「行ったり来たりすれ違い私とあなたの恋」状態)

打つたびにホールから遠ざかるのは、なぜどうして?

下手はいつものこと。

気にしない気にしない!

 

 

一方、知人は、一打一打、プロの丁寧なアドバイスを受けながら、どんどん上手になっていく。

いや~、プロ、恐るべし。

すごいわ~~~!!

 

夢のようなひとときを過ごし・・・

すっかり疲れ切って、やっと家に帰り着き

いつものように討ち死にしたのでありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ページトップへ戻る