新着情報

役に立ちたい

  • 副院長のブログ

米国人の患者さんが見えました。

日本語はほとんどわかりません。

どら、バー様の出番かな?(うちの歯科では、バー様が英語担当でした。)

と思っていたら、いつのまにか長男(新院長)が対応していました。

言っておきますが、バー様は全然うまく話せません。

それでも、今までは頑張って片言英語で対処してきました。

それが、今回は、他の患者さんを治療中だったこともあり、全く近寄ることもなく、いつの間にか治療は終わっていました。

 

英語と言えば、数年間、個人レッスンしてもらったり、ある時期はスタッフと一緒にレッスンしたり、

英検に挑戦したり、10日間だけどアメリカにホームステイもした。

これくらいだと、普通の人はある程度はしゃべれるのではないか?

バー様はいつまで経っても片言。単語の羅列。

そんな自分が恥ずかしい。

けど、いいじゃん。いい経験だった。笑

 

そして、一つ役目を降りることができたという安堵とともに、少しさみしさも感じます。

歯科の診療もそうです。

バー様の出番が徐々に少なくなりつつある。

 

でも、まだまだ役に立ちたい!

スタッフが手伝いを頼んできたら、(スタッフの仕事を)喜んでさせてもらおうじゃないか!

力仕事と単純作業は任せとき!!

 

まじ、まだまだ人の役に立ちたい・・・

 

 

 

 

 

ページトップへ戻る