新着情報

自分が変わる

  • 副院長のブログ

友達に心のきれいな人がいます。男性です。

どんな人にも優しく、感じよく・・・

人格者で、見識が高い。

長く付き合ってきましたが、それは一貫して変わらない。

友達は、神様を信じていて、揺るぎない信仰心、信念がある。

人を愛し、許し、悪く言ったことがない。

バー様は、結構人の好き嫌いがあって、あの人はアアだ、こうだ・・・と、悪く言うことがある。

人としてあるべき姿の勉強をしてるけど、なかなか身についてないわね。(汗)

そして、何か問題が起きたとき、バー様はひどく動揺する。嘆く、悲嘆する、暴れる(笑)

バー様だって神様はいらっしゃると信じているが困難に陥ると、すっかり神様の存在を忘れてしまう。

友達は違う。ぶれない!

 

で、バー様は悩みがある事には、その友達に相談するわけです。

今回は知人とのうまくいかない関係についての相談です。

友達が言いました。

「よく考えてごらん。

今まで色々あったけど、結局最後は解決して丸く収まっていったよね。

困難は、一見悪者に見えるけど、そうではない。そうではない。

何か困難があったとき、これには何か意味があって、それを乗り越えたら一つ上のステージが待っている。

乗り越えられないことは起こらないからね。」

 

そ、そうはいっても・・・

苦しいんだもの!

 

友達は言う。

「あなたは、神様を信じていると言うが、信念が定まっていない。

何が起きても、神様のご意志。最後はきっとうまくいく。と、腹を決め、覚悟をしなくては。」

てな話をしてくれるのです。

「人が、あれをしてくれない、これをしてくれないと言うが、一方で、その人からしてもらってることを忘れてない?」

そうか!

野口嘉則さんは言った。

「かけた情けは水に流し、受けた恩は石に刻む」

そうでした。

悪いところだけをあげつらえていましたね。良いところも一杯ある。

受けた恩も確かにある。

 

そう気づいて反省しました。

 

すると・・・その日のうちに

しばらく音沙汰のなかった例の知人から・・・電話がかかってきたのでした。

何事もなかったように、自然に、良い感じに。

バー様も嬉しくなって話し込んだのでした。

相手の悪いところばかりに執着せず、良いところ、してもらったことに感謝する。

そして何よりも執着を手放す。

 

すると、ぐちゃぐちゃにこんがらがった糸が不思議なことに、少しずつほぐれていく。

そんな経験をしたのでした。

 

あれこれと、言葉を選んでわざと訳がわからないように書いています。

 

自分が変われば、不思議に相手が変わる。です。

 

よきアドバイスをくれる男性の友達には、しょっちゅう会っています。ふふふ・・・だって、例のヘアサロンの先生なのです。

 

 

 

 

 

 

ページトップへ戻る