新着情報

お別れの時

  • 副院長のブログ

親戚に不幸があり、駆け付けました。

ああ、前日まで元気ぴんぴんだったのに、今日はもう彼岸に。

亡くなった奥さんは、健康で、頭も走り、お酒大好きな人でした。

前夜も、御主人と酒を酌み交わし、長男も家にいた中でのことでした。

家族もみんな思いがけない出来事に、茫然としている。

残された家族はご主人と、長男と、独立した次男夫婦。

彼女は、まさに一家の、そして一族の大黒柱でした。

そんな奥さんの急死。

ご主人はすべて奥さんにまかせっきりだったので、お金がどこにあるか、大切な書類がどこにあるかわからない。

「これからどうしたらいいのか。

彼女のいない生活なんて考えられない。」

とご主人。

そのご主人と、二人の息子さんは、亡くなった奥さんの顔を見ては泣き崩れている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

奥さんは家族に、こんなにも愛されていたのですね。

人の命のはかなさ、

寿命はいつ尽きるのかわからないこと、

残されたものの悲しさ。

残されたものは、その事実を受け入れるしかないこと。

これは彼女が特別なのではない。

みんな一緒。

そういう私どもも、いつかはそちらに行くんだから。

 

一連の、お通夜、葬儀、お骨拾い・・・等を一つ一つこなすことは、少しずつその死を現実として受け入れていく過程なのだと、

改めて思いました。

あなたとご縁があって、過ごしたたくさんの時間。

今は、こうしてお別れの時に立ち会うこととなりました。

寂しいけれど、これが現実。

今まで、沢山、ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

ページトップへ戻る