新着情報

順番だもの

  • 副院長のブログ

先日、亡くなった奥さんに、

残されたご主人が「もう悩まなくていいぞ!」

と、声をかけていた。

悩み事があって、夫婦、二人で悩んでおられたのだろう。

早く亡くなった方は、もう悩まなくていい。

 

こんな話を読んだことがあります。

愛する妻を亡くした老齢の男性が、その寂しさに耐えられず、心理学者を訪ねる。

「妻がいなくなった今、自分にはなんの生きる価値もない。」

と、言われるのです。

すると、心理学者は言った。

「もし、あなたが先に亡くなったら、奥さんはどうだったでしょうか?」

男性は言う、

「私と同じように、嘆き苦しんだことでしょう。」

心理学者は言う。

「お分かりになったでしょう?あなたがここにこうして生きている意味が。」

男性は納得して帰っていった。

 

ジー様とよく話すのですが、

「早く死んだもの勝ち!だよね!」

残った者が、葬儀を始め、厄介ないろんな手続きをし、法事を計画し・・・

二人でこなしていたことを一人でする。

孤独を楽しめればいいけど、遺品の整理や後始末等、面倒なことも多いだろうな。

 

知り合いの人に、そんな話をしたら、

その方は真面目な顔でバー様を見て、

「そんなことを言うものではないわ!」と、言われてしまいました。

ははは・・・・・・・冗談なんですけど・・・といながら半分はホント!

 

この年まで生きると、人の寿命は本当にわからない。頑健な人が早々となくなったり、

弱々しい病弱な人が結構長生きしたり。不慮の事故に合ったり・・・

 

人も自分もわからない。

だから、今日が最期と思って生きよう!(しょっちゅうこんなこと書いてますね)

今言うべきことを言おう。ありがとうって言おう、ごめんなさいって言おう。すべきことをしよう。

亡くなる順番は、神様の言う通り。

黙って現実を受け入れよう。

 

死ぬって自然の摂理。

特別なことではないもの。

あなたも私も。

ジー様、子供たち。

バー様が死んだら、大げさに悲しまなくていいよ。泣かなくていいよ。

淡々と受け入れて。

時々思い出して、懐かしんで・・・

あれ?

もう自分が死んじゃうようなことになってないか?(笑)

 

いやいやまだ死ねない。

というか、とにかく、今を一生懸命に生きる!

・・・・・・・・・

今日はおしまいです。

 

 

 

 

 

ページトップへ戻る