新着情報

まだまだやれる

  • 副院長のブログ

最近、頭痛がある。肩がこる。

この状態が強くなって身の置き所がない・・・ほどになった。

足がつる.横になると足を伸ばせない。

なんか変ですね!

円皮鍼を、痛いところに貼ると、背中や首を埋め尽くすほど。

痛み止めを飲んで、ごまかしてきたけれど、

最近は足先がしびれ出しました。

いかんいかん・・・

我が家は2階が自宅で一階が診療所。

一日に何度も、そこの階段を走って上り下りするのが常でした。

「今、速く走れない。ちょっと速度が落ちたよ!」

そう嘆くと、

ジー様が、言う。

「いいな~、わしは走るなんて、とんでもない!一段ずつ、ゆっくり上り下りするだけだもんね。」

そっかあ・・・

そういえばジー様は、「わしは、この人生。もう山登りはできない。」と、嘆いていたことがある。

ジー様は、普通にできていた日常の動作を、加齢のため、一つ捨てざるを得なくなったんだ。

こうやって、人は一つずつ、できなくなることが増えていくのね。

バー様は、階段を駆け上がる、駆け下りるができなくなった。

それを昨日、初めて自覚した!

ジー様が嘆いたときは、ふ~ん!と、返事したけど、ジー様の気持ち。今になってわかる。

きっと寂しかったかもね。

ごめんなさい。

これからも色々と捨てるものが出てくることだろう。

お互い励まし合って、できなくなったことは助け合って、生きていこうね!

 

ところで、こんな状態で、仕事始めに突入したけれど、

夢中になって仕事をしているうちに、

頭痛はやんで、首肩の痛みも和らぎ・・・調子が出てきたではありませんか!良い感じ!!

考えてみれば、この歯科人生。

体調が悪い事があっても仕事をしていると、体調が落ち着いたり、症状が軽くなったり・・・

あるいは、それらを忘れていたり・・・

これは、仕事をしていたからからこそ。

こうして改めて気づくのは、

バー様の人生にとって、仕事はなくてはならないものでしたね。

歯科は天職とまでは言えないけれど、生きる意味だったかも。

歳をとった今。

以前のようには働けないから・・・と、肩たたきにあってすぐ辞める・・・というわけにはいかないわね。

仕事を辞めたら、バー様はどっと老け込むような気がする。

できるだけ、やるだけやってみたい。

でも、無理はしない。少しずつ仕事は減らしていこう。

もちろん、周りに迷惑をかけないように。

 

バー様負けない。歳に負けない。自分に負けない。笑

 

そう思う今日この頃なのでした。

 

 

 

 

ページトップへ戻る