新着情報

MRIは明るい棺桶!?

  • 副院長のブログ

初めてのMRI。

えっ、30分もかかるの?

いいえ、閉所恐怖症ではありません。

なんて問診を受けて、軽く抑制帯をまいて、

気分が悪くなったとき押す、柔らかいブザーを片手にし

はい、スタート。

機械のドームにはいっていきます。

目を開けていてもいいんですか?

いいのね!?でも、最初は目をつぶっていました。

少しして、目を開けると、すぐ目の上に明るい天井。

・・・・・・・・・・・・

あら、これって棺桶みたい。

最近、親類の人が亡くなって、棺桶の蓋をするとき、亡くなった人はどんな気持ちなんだろうと思った。

ここは、とっても明るいから、怖くない。

でも、これが真っ暗だとマジ、棺桶ね。

バー様の時は棺桶の中に電球を入れて明るくしてもらおうかな!?

いや、暗い方がこの世との訣別を覚悟させるかも。

なんて思いながら、

ゴーゴーガーガーダダダダダ・・・

30分かあ、長いなあ・・・

このMRIに何人の患者さんがはいったろう。

不安、悲しみ、恐怖、希望、いろんな人の思いがこの中にこもっている。

バー様は、もし、もし・・・これが本当に棺桶なら、と想像しました。

真っ先に思い浮かぶのは、なんと言っても3人の子供達。

平凡な子供達だけど、ちゃんと育ってくれ、それぞれ、職業を持ち、良き伴侶を得て、子供もできて、・・・

孫達はみんな可愛くて幸せだった。

みんな、バー様がいなくても大丈夫。

しっかり自分たちで生きていくことだろう。

バー様の子育ては全然上手じゃなかったし、反省すべき事ばかりだけどけど、下手くそなりに精一杯やったと思う。

これでよし!後悔なし!良い人生だった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

な~ンてちょっとセンチになって涙がつつつ・・・と、流れました。

言っておきますがこのMRI検査は腰の神経の状態をみるためのもので、命に関わるものではありません。

でもね、ジー様のことは全然頭に浮かばなかったわ!笑

血がつながってないからかしらん???

ごめんなさい。今度の機会にね。

丁度ここらで、終わりました。

なんちゅう事はなかった。

MRI、体験したくてもなかなかね。

良い経験でした。面白かったです。

 

ページトップへ戻る