新着情報

あきれたけど・・・感心した話

  • 副院長のブログ

昨日は東日本大震災の日でした。

犠牲になられた方々のご冥福を心から祈ります。

思えば10年前のその時間、バー様はこの惨状の実況中継をテレビで見続けていました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

バー様は、その時のことを思い出して、〇〇ちゃんにメールしました。

「10年前の今日。私が大津波の映像にショックで落ち込んで、こたつにもぐりこんで動けなくなってしまったとき、あなたに電話をしました。

『大惨劇になってるね!私それを見て落ち込んで・・・』と、そこまで言ったら

あなたは、大きな元気な声で、『ごめん、今からデートなんだ!!また、今度ね!』

ガチャン!(携帯は切れるときこんな音はしないけど、心情的にこんな感じ)と、全然取り合ってもらえなかったことを、今、面白おかしく思い出します。」

と送信しました。

そしたらこんな返信が・・・

「え~、誰とデートですか?

当時は相手と思われる方は日本にいませんでした。」

え~~~~~~~~~!!!!!!!

よ、よ、よくいうよ!!!!(汗)

この大震災の出来事は忘れようとしても忘れられない出来事。

そんな時にデートするあなたの気力!!

もっとおどろいたわ~!!

言下に否定するその態度に頭にきたバー様は、メールではなく、直接〇〇ちゃんに抗議の電話をすることにしました。

「〇〇ちゃん。私よ。10年前の今日を思い出してっ!」

と、当時のいきさつをこんこんと話して聞かせました。

そしたらです。

「あ~、そういえばそんなこともあったっけ。

私は人よりものすごい山あり谷ありの人生を経験しているから、自分に不利な情報は、自然と消えるようになっているの。そうやってわが身を守ってきたの。」

とのこと。

そっかあ・・・

そ、そうなのかもしれない。

妙に納得したのでありました。

昔のことを逐一覚えていて、それを思い出しては苦しむより、どんどん不利なことは忘れていくっていいよね。

彼女が強い理由が、なんか一つ分かった気がしました。

あったことをなかったと言い切るその自信。そして不利なことをどんどん忘れる力。

ああ、あきれたけど、本当に、妙に感心したのでありました。

 

 

ページトップへ戻る