新着情報

年金を受け取ろう。

  • 副院長のブログ

ジジババは、高齢者といってもまだまだ元気のつもりでした。

それが、ババのほうは、今年の一月からあれよあれよという間に足がしびれて、激痛がして、歩けなくなって、入院して・・・

そして、退院しました。

ある程度の元気は取り戻しましたが、足は歩けることは歩けるけど、まだうまく使えないまま。

そこで、気が付きました。

私らは、真の高齢者なんだ!

これから先の人生はどうなるかわからない。あと何年、人生があるかもわからない。

そこでです。

これからの人生計画を立てることにしました。

そして決心しました。年金を受け取ろう!

はい。行ってきました。年金事務所。

そこで分かった事実。

あら~、まじ、少ないのね!(ガクッ)

でも仕方ない。

それはそれとしてありがたくいただきましょう。(笑)

ババのほうは仕事を再開はしているが、以前のようにバリバリ、フルで働くことはできない。

リハビリに励みながら、ボチボチ、できる仕事だけ。

身体を休めながら、無理のないように。のんびりとゆったりした時間を楽しみながら。

で、もち給与は減るので、年金は必要となる。

そんな時が・・・とうとう来たのです。

もう、バリバリの現役ではない。半分リタイア。

まずはそこを受け入れなくちゃね。

一月からの状況の激変に、まだ戸惑いはある。

でも、今から、人生の仕上げをしていこう。

自分たちの後始末は?

子供たちへ伝えることは?

し残したことは?

決してマイナス思考ではない。

新しい人生を始める感じ。

年金を受け取ることによって・・・その覚悟を新たにすることができる・・・と思うのでした。

 

 

ページトップへ戻る