新着情報

毅然として、パート2

  • 副院長のブログ

月一で宮崎大学付属病院に検診に通っているのですが、

時間がかかる~。

診察までに2時間近く待つこともある。

で、バー様は待ち時間に本を読むわけです。

先日、持参した本は

ラジオ深夜便 わが心の人~忘れえぬあの人の面影、生き方~

でした。

いろんな方の面影を、身近な方々が語っています。

その中で心に残ったのは、まず、やなせたかしさんの章。

ちょっと書いてみます。

 

いつも元気そのものの印象でしたが、実は晩年は入退院を繰り返していました。本人いわく「入退院のベテラン」。けれど周囲に「お加減は?」と聞かれると「入院しているけど元気ですよ」と明るく答えるのです。

何と言うか、入院するほど不調でも、「病人」にはなっていないんですね。悪いところがあるから元気に治している最中ですよ、という感じ。病気に参った、という印象を周囲には与えないのです。

仕事も途切れることなく、継続していました。病院のベッドの狭いテーブルで原稿を書いたり、小さな絵を描いたり。「病院は来客がないから集中できていいな」と言って、横になっているのが珍しいくらいでした。

亡くなるギリギリまで仕事を楽しんでいたと思います。

 

そうなんですよ。やなせさんの考え方、好きだな。

バー様も入院中、「病気」にはなっても「病人」にはなりたくなかった。

元気に明るく闘病しようと思っていました。弱気にならないように、自分を奮い立たせていました。

さすがに仕事はできませんでしたけど。

 

あとは、樹木希林さん。

以前にも書いたことがありましたが、この言葉。

「おごらず、人と比べず、おもしろがって平気に生きればいい」

を、よく言われていたそうです。

「この仕事、やだなあ」と言っていると「そう言わずにおもしろがってごらん、違ってくるよ」

・・・・・・・・・・

素晴らしいですね。

バー様の心に一番ピタッとくる言葉です。

 

そんな言葉に思いめぐらしながら、娘と嫁にこんなメールを送りました。

 

今、67歳。

これから先何年生きられるだろう。

私の父は71歳で死んだよ。

あと4年で死んだことになる。

いつ死ぬかわからないけど、

孫たちには、おばあちゃんがどうやって生きて死んでいくか、その生きざまをしっかり見せていきたい。

だからボケないようにしっかり頑張る。

ボケたらボケたでありのままを見せよう。

これからは弱気にならないように毅然として生きていきたい。

よろしく頼むわね。

 

ま、今。

ちょっと文章のつじつまが合ってないかも(笑)

ボーっとした頭で考えるのは・・・こんなことなのでした。

 

ページトップへ戻る