新着情報

第二の人生

  • 副院長のブログ

この前も書いたかな?

これからの人生、おまけの人生。第二の人生。

第二の人生とは難病を患ってから。

病気をする前と後では、バー様はいろんなことが変わった。

足が不自由になった。

フルタイムで働けない。いや働かない。

考え方も、

自分の心の声を聴こうとしている。

ありのままをそのまま受け入れる。

今を生き、今を楽しもうとしている。

そうそう、

しびれているのは足だけでなく、指先も少ししびれている。

そしたら、しびれた指先が赤くなってしわしわになり・・・指紋が変わって?しまった。だから、iPhone の Touch ID を使えなくなった。

いくら指を置いても、無反応。

一回一回、パスコードを入力する羽目になってしまった。

ね!?いつのまにか、身体まで、今までの自分と違う自分になっているではないですか!

でも、これでいいのだ。

これがバー様の第二の人生。

 

タンスの中から何気なく引っ張り出した記念写真。

父が70歳の古希の祝い。今から27年前の写真でした。

両親と、私の家族。弟家族。

料亭での集合写真。

父が古希ということは写真の母は66歳。

年齢は今の自分と変わらないけれど、母のほうがずっと若くてきれい。(笑)

あっという間の27年だったな。

両親とももうこの世にはいない。

これからも、こんな風に時は疾風のように過ぎ去っていくのだろう。

今度消えていくのは、われら夫婦の番。

いつまでの人生かわからないけど。

ジー様とバー様。どちらが先に倒れるかわからないけれど、

その時はその時で真摯に受け入れよう。

そして精いっぱい生きよう。

終着駅が必ず来ることを知り、

一番大切なものを一番大切にして生きよう。

それは夫婦、家族。

一番大切な人たちみんなと仲良くしていきたい。

(したくない人もいるかもしれないけれど(笑))

そしてもち、それ以外の人たちとも仲良く。

穏やかで豊かな時間を過ごしていきたい。

 

今日、古本屋で買った本。

~天才バカボンの 幸福とは今日もおひさまが昇ること~

その中で、一番心に残った言葉は

~幸福とは「これでいいのだ!!」と全肯定されること~

ほんと、そうよね。

人からはもちろんだけど・・・

何よりも

自分が自分を全肯定してあげることだと思いました・・・

そうよ、これでいいのだ!!

ページトップへ戻る