新着情報

これは奇跡?

  • 副院長のブログ

今年のお正月から、突然難病になったバー様。

しびれが片足に出てから、両足に広がりそれが激痛となって、・・・あれよあれよという間に歩けなくなった・・・

そして原因不明で、あちこちの病院に通院し、最後は宮崎大学の附属病院に入院した。

約一ヶ月の入院で、激痛はとれたが、麻痺は残り、しびれもギンギンに残り、

しかし、なんとか歩けるようになり、退院した。

現在、宮崎大学の附属病院に通院しながら、潤和会病院で週一回のリハビリに励んでいます。

それと、柔道整体師の方から教えてもらった運動とサプリ。

などでがんばっています。

つい最近。

東洋医学を勉強している友達が、彼女の師匠の先生を紹介してくれ、診てもらいました。

鍼やお灸等々、色々・・・していただきました。

そのあと、

身体の中から活力が湧き出してきたような・・・

あれ?なんか、今までと違うぞ、自分。

で、昨日。

ジー様が一人寂しく、ゴルフに行くと聞いて・・・

バー様も行ってみようか!?という気になりました。

カートに乗って、コースの緑と青空と風とを楽しみながら、ジー様の打つのを見ていれば良いわ!

と思ったのです。

で、ラウンド開始。

せっかく来たから一発打ってみようかな?!

バー様はドライバーを取り出すと、どっこいしょと振り回してみました。

そしたら、カーン!と、ゴルフボールがきれいに飛んで行くではありませんか!

まあ・・・病気する前より飛んでるかも!?

あれ?こりゃいけるかも!!!!!

と言うことで、それから、全ホール。

もち下手くそでしたが、無事まわりきることができたのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ジ~ン・・・涙・・・

思えば、

この病気になってから、

もう、自分の人生で、ゴルフはできないんだ!!!と、覚悟していました。

そして、それでもゴルフのレッスンに行って、ヨタヨタ、よろよろしながらもパターやアプローチの練習をして、最近はアイアンやウッドでフルショットのまねごともしてはいました。

何年かあとにラウンドするときのために。

 

それが、なんと、

こうして、コースを廻ることができたのです!

これは夢か幻か?

これはバー様にとって、奇跡に近いのでは?(笑)

池江璃花子選手の言葉ではないけれど、

『水泳』を『ゴルフ』に変えて、

「ラウンドは、もうできないかと思っていた。」

「もしできるとしても、ずっと先のことだと思っていた。」

です。

本当に嬉しかった。

下手でも実際にラウンドするのは楽しいんですよ。

今日、発病前に一緒にゴルフをしていたお友達に、ゴルフラウンドができた話をすると、早々に、今度一緒にまわろうという話になりました。フフフ・・・

ということで、まだまだ完治したわけではないし、まだまだ麻痺が残っているけれど、

ここまで回復できたこと、本当に嬉しくありがたく思ったことでした。はい。

 

ページトップへ戻る