新着情報

患者として思ったこと

  • 副院長のブログ

私を心配してくれる方々から、たくさんの助言をいただいて、

それを実行しています。

そして、少しずつ良くなっているのを実感しています。

 

思えば今年のお正月から激痛に耐えた日々。涙

入院中の問題点を二つ。聞いていただきたいと思います。

原因不明の激痛に苦しんでいた時、

やっと入院が決まって、ホッとしたのもつかの間。

入院しても、すぐには痛みは止まらなかった。いや、止めてもらえなかった。

先生に訴えても、

「正しい診断名がわからないうちは、治療はできません。命にかかわることなので、簡単には手は付けられないのです。」

と、おっしゃる。そして弱い痛み止めを1錠くださる。効きはしませんよ!

先生のおっしゃるとおりでしょう。

でも、この激痛を耐えろといわれるのね!?

ただただ激痛が過ぎ去るのを、脂汗をたらしながら、ベッドの上でのたうち回るしかなかったです。涙

あまりの痛みに、友達に電話すると

「私には何もできない・・・」と言って、一緒に泣いてくれたことがあったな。

今、思い出すだけで、ありがたくて涙が出ます。

でね、私は思う。

現代医療。診断名は出なくてもペインコントロールは何とかできないものでしょうか?

診断名を出すための検査が全部終わるまでに数日かかりました。長かった・・・

しびれの範囲は日に日に大きくなっていく。

その間の苦しみ、悲しみ、恐怖・・・

あまりに痛くて、頭がぼ~っとして、夢かうつつかわからない。

このまま死ぬのかな-と、それなら最期に娘と話そうと思い電話しました。娘はいなかったけど。

待ちに待った、診断名が下ってから、治療が進むにつれて痛みは少しずつ少しずつ、軽くなっていきました。

そうはいっても、最初のうちは、ベッドから降りて、そっと床に足をつけて立ってみると・・・剣山の上に立っているようで、痛みと悲しみで心が折れそうだったな。

それでも少しずつ、痛みは減っていきました。

今は、しびれ間はまだバリバリあるけれど、激痛がないだけで御の字。うれしい。

 

もう一つの問題点。

入院してからも、食欲がなく(そりゃ痛みに耐えているので食欲もないよね)、

朝昼晩と食事が運ばれてくるけど、ほとんど手をつけられない。

手を付ていけないお盆を見て、スタッフは「あら~、食べられませんでしたか?」と、そのまま下げていく。

こんな状態が、数日続く・・・と、体重がどんどん減っていくではありませんか!!あたりまえだけど。

私の体重史上、こんなに痩せたのは初めて!骨皮筋子になってる!!!!

一日中、横になっているだけでも、カロリーは消費する。基礎代謝だけでも1000Kcalは必要なのよね。

私は?全然食べてないじゃん。やせ衰えていくばかり・・・

頭がぼーっとしてよく働かなかったけれど、それでもこのままでは、いけない!!栄養失調になる!と、気づきました。

病院によくなるために入院しているのに、栄養失調で死ぬ・・・なんてことになったら大変。

何とかしなければ・・・

私は、看護師さんに車いすを貸してもらい、ひとり飛び乗り(笑)、鬼の形相で、やせひぼけた二の腕を一生懸命に駆って、駆って・・・一階のコンビニにたどりついたのでした。

カロリー補給のゼリーや、高カロリーのチョコレート、お菓子。しこたま買い込みました。

また、高カロリー栄養食品のメイバランスをアマゾンで頼み、食欲はないけど一生懸命ににチューチュー身体に流し込んだのでした。

もし、私がこのままではいけないと気付かなかったら、どうなっていたのかな?

病院側はいつか気づいてくださっただろうか?

患者として言わせていただけば、自力で栄養補給ができないとしたら、病院側から、食事に代わるものを提供していただければうれしいです。

でもね、担当医の先生、看護師さんをはじめ、食事係の人も、お掃除の人も、みんな、一生懸命に自分の仕事を全うしている。

その姿に、文句は言われないです。

ただ、病院のシステムに、こんな状況時の対処方法を取り入れていないだけ。

もし、こんな患者さんがいたとしたら、ぜひ、気を付けてあげてください。

 

入院生活で気になったのはこの2点だけ。

あとは快適。皆さん、やさしくて親切でした。

ありがたかったです。

いい感じ!の入院生活でした。

そうそう、欲を言えば、検査とかは一日1件とかではなく、もうまとめて何件も、いや、できれば全部、一度に終えたほうがいいと思います。検査結果が出るまでが待ち遠しかったです。

と、患者として思ったことでした。

いや~、貴重な経験をしました。

おかげさまで今がある。忘れないようにしますね。

 

 

ページトップへ戻る