新着情報

父の命日に思う。

  • 副院長のブログ

今月の12日は、父の命日。

亡くなってもう25年。四半世紀もたつのか・・・

71歳で亡くなり、その4~5年前から体調を崩して、私の歳では、がん手術をした。

で、私は思うわけです。

親子は体つきや、体質が似るって言います。

私も友達から、最近、(今の私と同じ歳当時の)母に似てきたといわれます。

少しふっくらして、猫背。

鏡を見ると、自分でも母に似てきたな~と思います。

そういう友達も。

お母さんが痩せていたけど、彼女もやっぱり痩せてお母さんと同じ体つき。瓜二つ!似てる~!!

それから、体質も似てくる。

ガンの家系とかいうことがありますね。

この前の入院時にも、病院での問診で、聞かれました。

私の場合、ガンではなかったけれど、

父と同じ歳で体にガタが来たわけです。

この歳になると、仲のいい、数人の友達にもなにやかにやと病気が見つかったと聞く。

ちょうどそういう不具合が発症する年ごろなのかもしれない。

でもね、私の場合、病気になってよかった。

病気になったおかげで、入院して、全身を調べて、治療して・・・

以前より体調がかなりよくなった。

もちろん、両足にはまだ少しマヒが残っているけど。

こんなに体調がよくなったのは何年ぶりだろうか?

ここ数年。体はきつかったな。

喘息で病院には月一で通っていたから安心していたけど、

正直、かなり・・・すごくきつかった。

毎月、きちんと通院して診察してもらい、薬も決められた通り飲んでいたし・・・よくならなくても、こんなもんだろうとあきらめていた。

気力で乗り切れると思っていた。

それが、難病であることが分かったおかげで、全身をくまなく調べて、治療して・・・寛解して、

人生、新しく仕切り直し。

大変だったし、完治までにはまだまだだけど、実際体調がよく、ありがたいです。はい。

あれ?

何を言いたいんだろう?

今、私にとって、おまけの人生。

少しずつ終活のまねごとを始めているのです。断捨離とかね。

亡き父も、今の私と同じ歳にガンを患い、自分の人生について、そしてあと何年生きられるかを、どう生きるかを考えたことだろうな。

先日、大学の後輩で、10歳年下の歯科医が亡くなった。

びっくりです。体調が悪い話なんて全然聞いていなかったもの。

寿命って本当にわからない。

わからないからその日まで、精一杯元気に生きて元気に死んでいく。

ニコニコ笑顔を忘れず、周りの皆さんに感謝しながら。

これに尽きる!!

そう思うバー様なのでした。

 

 

 

ページトップへ戻る