新着情報

お母さんは58点!!

  • 副院長のブログ

去年。クリスマスの前後、娘家族が、帰ってきました。

嬉しいけれど、ちょっとドキドキです。

帰省する度、娘は私がどれだけ家を片付けているか、厳しくチェックするのです。

 

思い返せば、2年前。

里帰り出産の時。娘は大きなお腹を抱えて・・・そりゃあ、動いて動いて、家の中を整理していくのです。

そして、どんどん捨てる!捨てる!

私が仕事から帰ってくると

大きなゴミ袋が数個、パンパンになって、今にも捨てられようとしている。

私「えっ!それって、この前買ったばかりのおもちゃよ。何で捨てるの?」

「このお皿も?気に入ってるんだけど・・・この急須は?」

娘「何言ってるの!!この家はいらないものが多すぎる。

お母さんが死んだとき、この家の整理は誰がするの?

結局私たちが大変な目にあうのよ!

こんな状態だったらみんなに恥ずかしいわ!」

私「そ、そうかな?」・・・言葉がありませんでした。

 

私の親の世代は「戦中派」。

戦争で、物のない、苦しい時代を経験してきた。

だから、戦後になっても、物を捨てられない。物が増える、増える、増える・・・

そんな親から育てられた私たち世代。

母親の影響で、やっぱりなかなか物を捨てられないのです。

私だけかな?

でも、娘は違う。

10年以上前。娘が県外の大学に行くために、いろんな品々を用意した。。

次に、娘が就職するための引越しを手伝いに行ったとき、それらは見事に何も残っていなかった!!!!

え~~~~~~っ!あの可愛い紅茶セットはどこ?

あのお布団は??????

なんで?どうして?一体どこにいったの?

てな感じ。

娘は捨てるの平気。いわゆるミニマリスト。

最低限のものしか置かない。

その娘からしたら、我家は不用な品であふれかえっている。わけだ。

 

で、今回の帰省。

娘はまず、部屋のあちこちをチェックします。

「うーん・・・前よりずいぶん物が少なくなってる。でも、マダマダだけどね。」

しばらくチェックは続き・・・そして言いました。

「そうね、今回、お母さんは58点!!!!」

シーーーーーーーン・・・

「60点が合格なの?あと2点足りなかったのね!?(涙)

不合格だったけど。

本当は、娘の帰省の前に結構、整理整頓したんだぞ。笑

そうかい、まだダメなのね。

これこれ、娘よ。

年老いた母親に優しくしておかないと、

いつ、しまった!ということになるかしれないよ。

 

今度、娘が帰ってくるまで、

あと2点分。

お母さんはがんばると思う?

へへへ・・・きっとがんばらないよ。

いいの、好きなようにして好きなように生きる。

で、良いと思う。

で、結局最後は

これでいいのだ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページトップへ戻る